(答)
 弾頭の種類に応じて被害の及ぶ範囲などが異なりますが、次のように行動してください。
・ 屋外にいる場合は、口と鼻をハンカチで覆いながら、現場から直ちに離れ、密閉性の高い屋内の部屋または風上に避難してください。
・ 屋内にいる場合は、換気扇を止め、窓を閉め、目張りをして室内を密閉してください。

 「弾道ミサイル落下時の行動に関するQ&A」(source;http://www.kokuminhogo.go.jp/)


 五月二十五日の大空襲の夜に彼女は東京東中野で恐ろしい目に会った。
 そのとき彼女と二男の信二は栄作の兄の岸信介の住まいに移っていた。
 長男の龍太郎が「御殿のような」と驚いた邸には、岸の一家が故郷の山口に疎開してしまったあと、岸家の親類、岸が東京に残した政治秘書といった留守番役の男たちがいるから、防火態勢は完璧だ、庭は広いし、絶対に安全だと勧められ、彼女もそう信じ、引っ越したのだった。
 ところが、二十五日の夜、数百カ所、数千カ所で一斉に火の手が上がる有様となった。
 火の旋風が高く上がり、轟々と唸る火の音のなか、煙にむせて喘ぎながら、必死に逃げることになった。
 四つ角に出れば、火流が広い道路を真横に走り抜ける。
 寛子は岸信介の秘書とも、次男とも離ればなれになってしまった。
 (中略)
 完全に灰になってしまった岸の邸の庭園内の頑丈な造りの防空壕には、火に追われ、逃げ込んだ人びとが入り、全て死んでいた。

 鳥居民「昭和二十年 第13巻 さつま芋の恩恵」(草思社文庫)

 一発の発射で済むわけないやろ (-_- )

[PR]
# by nekoinekokichi | 2017-04-23 14:10 | WAR | Comments(5)

水曜日の酒

a0359696_09453792.jpg
 「タリスカーを…」
 
 と頼むと、いろいろ出てきましたが、

a0359696_09454008.jpg
 
 飲んだのはコレ。

 御馳走さまでした <m(__)m>

[PR]
# by nekoinekokichi | 2017-04-22 09:49 | | Comments(2)

これが牛せんだ!

a0359696_21395910.jpg
  
 牛せんは、関西発祥(たぶん)の、スナック菓子です。

 粉末牛肉とガーリックの、濃い味がします(笑)

 いきつけのショットバーで飲むときは、必ず「おつまみ」として頼んでしまいます。 

 さて問題です。

 「牛せん」は①~③のうち、どれでしょう?

 (追記)書き込みができるよう、
コメント欄を修正しました。申し訳ありませんでした。 (-_-;)


[PR]
# by nekoinekokichi | 2017-04-21 21:52 | | Comments(5)

テロル

 
a0359696_22142103.png
 
 真のテロリストは百田センセイのように、テロルを予告・公言しません。

 真のテロリストは、事を起こす時まで、目立たぬよう、疑いの眼を向けられぬよう、良民の中に溶け込むようにして暮らしています。

 すなわち、一点の染みもない海島綿のワイシャツに銀のカフスボタン、地味な色の絹のネクタイを締め、上質の生地を使った仕立てのよいダークスーツを着用し、よく磨かれた英国製の革靴を履き、本革のブリーフケースかオーバーナイトバッグを肩にかけ、スタバの蓋つきトールサイズのカップを手にしながら新幹線に乗り込む男がいたら、そいつがテロリストにゃ(笑)

[PR]
# by nekoinekokichi | 2017-04-17 22:15 | 社会時評 | Comments(3)

芸術家肌・職人気質

今日では、ラブレスのナイフを手にするまでに、何年も待たされるほど多量の注文を世界中から受けているが、彼は、決して品質を落としたり、手を抜いて多量につくることをしない。
(中略)
ところで、ラブレスは、気のむいたときだけ集中してつくるという職人気質の人だ。
しかし気むずかしいということはなく、売れば何百ドルもするようなナイフでも、親しくなった人には惜し気もなくあげてしまう物欲のなさをもっている。

「現代ナイフの完成者 R.W.ラブレス」
赤津孝夫『スポーツナイフ大研究』(講談社 初版 昭和57年8月10日)

( 参考URL;https://www.jkg.jp/loveless.htm)

[PR]
# by nekoinekokichi | 2017-04-17 21:49 | 日々雑感 | Comments(2)