「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

「小説新潮」9月号

a0359696_21114820.jpg

ある方にご教示いただき、さっそく、自転車を飛ばして買って参りました!

いつもありがとうございます。

それにしても、荻原浩先生は多才なお方でつね。

猫ちゃんの着ているTシャツ「MATATABI」と、脇に抱えているサーフボート「AJI☆FRY」が、いい味出していまつ(笑)

[PR]
# by nekoinekokichi | 2016-08-24 21:38 | 読書 | Trackback | Comments(0)

プレゼント

或る夜のことです。

玄関の外で猫吉(親)が、しきりに妙な声で鳴くので、「さては怪我をしたのか、他の猫とケンカしたのか」と、おっかなびっくり、戸を開けると…

そこにはヤモリをくわえた猫吉がいました。

ワタクシの顔を見るなり、ヤモリを吐きだし、玄関のタイルの上に置きました。

プレゼントのつもりなのでしょうか(笑)

ちなみに、今朝も玄関の外で妙な声で鳴くので、「さては」と思い、戸を開けると、今度は雀をくわえておりました(笑)

ワタクシの顔を見るなり、またもやプレゼント(?)を玄関のタイルの上に置き…

そこにやってきたのが、甘えん坊の猫吉(子)です。

甘えを許すまじといわんばかりの親と、甘えたい子がしばしにらみ合い…

しばらくしてから戸を開けると、両方とも姿を消しておりました。

地面に置かれていた雀も姿を消していました。

[PR]
# by nekoinekokichi | 2016-08-24 00:01 | | Trackback | Comments(5)

本日のBBCと…


a0359696_21381750.png
(source http://www.bbc.com/japanese)

a0359696_21452090.jpg

 Abandoned boy holding a stuffed animal amid ruins following German aerial bombing of London, 1945

(source http://rarehistoricalphotos.com/abandoned-boy-holding-stuffed-toy-animal-amid-ruins-following-german-aerial-bombing-london/)



[PR]
# by nekoinekokichi | 2016-08-22 21:47 | 社会時評 | Trackback | Comments(6)

ピーター・ノーマン(Peter Norman)氏の死を悼む。

a0359696_10284611.jpg
(source http://theconversation.com/i-will-stand-with-you-finally-an-apology-to-peter-norman-10107)

[PR]
# by nekoinekokichi | 2016-08-21 10:29 | 社会時評 | Trackback | Comments(0)

「官設消防」、要するにポンプ車は一千箇所の火災に対応できなかった。警視庁傘下の八百台のポンプ車のうち三百台を動員した。実際には、これ以上のポンプ車の応援を求めても無駄だった。爆弾によって水道管が破壊され、通水不能となるか、水圧が低下して使うことができなくなってしまっていた。四十立方メートル程度の小さな貯水槽の水はたちまちなくなってしまった。そして出動した三百台のうち、三分の一は長時間の放水のため、軸受けが焼けついてしまった。

『22 市街地爆撃 火から逃れて、火と闘って』 

鳥居民「昭和二十年 第7巻 東京の焼尽」(草思社文庫)


 8月3日午前7時53分頃、北朝鮮は同国南西部の黄海南道の殷栗(ウンリュル)付近から弾道ミサイル2発を発射した。1発目は発射直後爆発したが、2発目は北朝鮮上空を横断して日本海に向かい、約1000km飛行して秋田県男鹿半島の沖約250kmの日本の排他的経済水域内に落下した。

 日本政府がこのミサイルの発射を知ったのはそれが落下した後か直前と見られ、ミサイル防衛に当たるはずのイージス艦や、陸上の要地防衛用の「PAC3」ミサイル部隊に「破壊措置命令」は出されず、全国の市町村の防災無線、有線放送などを通じて警報を出すはずの「Jアラート」も役に立たなかった。ミサイル防衛には今年度予算を含め1兆5800億円が注ぎ込まれたほか、「Jアラート」にも消防庁が市町村に交付金を出し普及率は100%になっていた。

 防衛省は「北朝鮮から事前の通告がなかった」「移動式発射機から発射されたため兆候がつかめなかった」と釈明するが、人工衛星の打ち上げと違い、実戦用の弾道ミサイルは当然予告なしに発射されるし、先制攻撃で破壊されないよう自走式発射機に載せるのが一般的だ。日本のミサイル防衛は形だけであることを証明する結果となった。

(2016年8月18日 ダイヤモンド・オンライン http://diamond.jp/articles/-/99099)


[PR]
# by nekoinekokichi | 2016-08-19 18:04 | 社会時評 | Trackback | Comments(3)